【びわ湖源流の郷・高島市より】郷土の偉人 ”浅見絅斎”

知られざる滋賀
2019/07/04

承応元年(1652)に高島郡太田で生まれ、京都で医学、後に山崎闇斎に儒教を学び、錦陌講堂を開いて弟子を教えた郷土の偉人、浅見絅斎は、清貧窮乏でしたが、志を曲げず、やがて幕末の勤王の志士たちのバイブルともなった「靖献異言」をまとめ、志士たちの精神的原動力となりました。正徳元年(1711)に59才で死去するまで、多くの著作を残すとともに、弟子の養成に尽くしたと言われています。

★「びわ湖源流の郷・高島市より」
高島大好きニガサダオが空から街から水辺から高島の魅力をお伝えします。
”びわ湖源流の郷・高島市より”タグをクリックしてみてくださいね!

みんなにシェア
投稿者