2019年9月14日放送分  滋賀経済NOW

ニュースとバラエティ
2019/09/14

【BIZラボ】
近江八幡市に本社を構え『におい』のビジネスを展開する「近江オドエアーサービス株式会社」に注目!6法人・13事業体をもつ近江兄弟社グループの中で、株式会社近江兄弟社の産業用消臭剤部門として設立。1950年代に環境汚染が社会的な問題になった際に、「悪臭公害を解決することに取り組もう」ということで、消臭剤の販売からスタートした。国家資格である「臭気判定士」を揃えて「においのプロフェッショナル集団」として活動している。「人が快適に感じる環境をつくる」為に、測定機器や分析機器から得られるデータだけでなく、「人間の嗅覚」が大きな鍵を握っていた。「臭気判定士」という資格や仕事内容、そして彼らが担う「大きな役割」とは?
更には、「秋葉のぞみ」もにおいの検査である「嗅覚検査」に挑戦!?のぞみちゃんのリアクションや奮闘にも注目!

【BIZログ】
解説コメンテーターの荻窪輝明が様々な経済ワードを解説!今回のテーマは、『コンテンツ・ツーリズム』について。映画やテレビドラマ、アニメ、ゲーム、小説、マンガなどで舞台として描かれた地域やスポットを、「地域に関わるコンテンツ」として活用して、観光と関連する産業の振興を図ることを目指したツーリズムを「コンテンツ・ツーリズム」と呼ぶ。「ロケ地といえば滋賀」といわれるくらい、滋賀県は、映画やドラマのロケでよく使われているが、ロケ地として誘致できることによってもたらされる効果とは?気になる滋賀県の『コンテンツ・ツーリズム』の成功例を紹介!コンテンツを活かした観光資源を地域の側でも創り出す工夫にも迫る。

みんなにシェア
投稿者