【在原物語】足中(あしなか)

知られざる滋賀
2019/04/18

手馴れた手つきで藁を叩き、足中(あしなか)を編み上げる荒川さん。
その手作業は、なぜかいつまででも見ていられます。

★在原物語
滋賀県高島市のまるで昔話に出てくるような集落、在原(ありはら)に宿る物語。

みんなにシェア

コメント一覧

この動画にコメントを書こう!

コメント投稿 (名前、コメントは必須項目)

※コメント投稿の確認画面は表示されません。