【土木遺産の女】岩脇蒸気機関車避難壕

知られざる滋賀
2021/02/07

今回ご紹介するのは米原市の「岩脇(いおき・いをぎ)蒸気機関車避難壕」。
太平洋戦争末期に手作業で掘られた2本のトンネルで、全国的にも珍しい機関車のための避難壕です。
工事中に太平洋戦争は終戦。2本とも未完成、1本は貫通すらしないまま、放棄されて長い眠りについていました。
しかし2008年、地域の方が戦争遺跡として整備し、2017年に米原市の指定文化財に指定されたのです。
完成することのなかった2本のトンネルに刻まれたドラマを、くものすけ副隊長がご案内します!

シリーズ「土木遺産の女」
滋賀県内各地に残る魅力的な土木構造物を、土木構造物大好きくものすけ副隊長がご紹介していきます!
https://www.webaminchu.jp/news/?feature=civilianheritage-woman

みんなにシェア

コメント一覧

この動画にコメントを書こう!

コメント投稿 (名前、コメントは必須項目)

※コメント投稿の確認画面は表示されません。

Information

岩脇蒸気機関車避難壕

住所

〒521-0091 滋賀県米原市岩脇24−2